Pick up! 特集
Special
日比谷花壇グループ
~緑とともに生きる~

やはた幼稚園花育レポート「育てよう」芝生くん

花育 HIBIYA-KADAN

やはた幼稚園 花育レポート「育てよう」芝生くん

幼稚園の庭の芝(冬芝のペレニアルライグラス)の播種のタイミングに合わせて、芝の栽培キットを作ります。園庭に入らず成長を見守る時期に、園児には自分で作った栽培キットで芝が育つ様子を観察してもらい、芝に親しんでもらいます。園庭の芝生との生育の違いを見比べることで、より効果的に芝生の生育過程への関心を高めることが、このプログラムの狙いです。

実施内容

テーマ 「育てよう」芝生くん
主な内容 園庭に播いた種と同じ種を使って、人の顔に見立てた芝の栽培キットを作り、植物の成長過程を観察してもらいます。
対象 年長組(35名)×3組
時間 50分×3組
実施日 2010年10月7日(木)
「育てよう」芝生くん

芝生についてのおはなし

まず、芝専門の講師から、芝生についてのお話をします。「運動会の後、幼稚園のお庭に何か変わったことがありましたか?」と問いかけると、「お庭で遊べなくなった」と園児たち。ここで講師は、庭に芝の種を播いたので、葉が出てくるまでそっとしておかなければいけないことを伝え、これから行う栽培キット作りと庭の芝生との関連を意識付けます。

POINT!

園庭に冬芝の種を播き、成長を見守るこの時期に合わせてレッスンを行うことで、効果的に園児たちの芝への関心を高めます。

授業風景 授業風景

▲生育した芝生の様子


芝生くんの土台の準備

まずは、靴下の長さを確認します。適切な長さは20~30cm。タイツなど長い場合は、ひじの長さを目安にハサミで切ります。次に、靴下を裏返して自分の名前を書いた紙コップの縁にかぶせます。靴下を手繰り寄せ、すり鉢状になった上部にスプーン1杯分の芝の種を載せます。続いて、種の上から培養土を紙コップから盛り上がるくらいに入れます。

POINT!

普段なかなか見ることのない芝の種、園児たちは興味津々。「種はどんな匂いがするかな?」と尋ねてみると、「畳の匂いだ」「畳の匂いがするよ」と園児たち。見て、触って、匂いを嗅いで、種を観察してもらいます。

授業風景 授業風景 授業風景

ちょっと一苦労!お顔を作ります

土が出ないように靴下を結んでボール状にし、その結び目が下になるように紙コップに載せます。この時、結び目はきつくするのがポイントです。園児たちの口からは「爆弾」「アイスクリーム」等、想像力豊かなイメージが飛び出してきました。次に、鼻になる部分を作ります。くつ下の側面を一部つまみ、輪ゴムを2重に巻き付けます。少しコツが必要で苦戦しましたが、この作業を乗り越えると、達成感の笑みがこぼれます。

POINT!

靴下を結ぶところ、顔をつまんで輪ゴムで鼻を作るところが最大の難関です。手先を駆使して、まずは自分でチャレンジしてみます。

授業風景 授業風景

個性が光る!仕上げのデコレーション

ボタンとピンで目を作ります。まず、ピンをU字の形に曲げ、ボタンの穴にピンを通します。それを顔に刺したら目の出来上がり。最後に、飾り用の小鳥ピックを刺して完成です。カラフルな小鳥のピックに園児たちは大喜び。自分の好きな色を選んで、「ピィピィ♪」と小鳥のさえずりを真似して盛り上がります。

POINT!

今はまだ真丸い頭、ここに髪の毛のように芝が生えてきます。鳥のピックは、芝の成長の目安の役割も果たします。

授業風景 授業風景 授業風景

芝の成長を見守ってくださいね

栽培キットが完成!でも、これで終わりではありません。これから芝の芽が出てくることを講師が説明。コップにたっぷりとお水を入れることや、伸びすぎた葉をハサミでカットすることを伝えます。今回植えた芝についての説明が書かれたカードを渡すと、園児たちは一生懸命読んでいました。出来上がった栽培キットは窓辺に並べて、これから皆で観察していきます。個性豊かなデザインの栽培キット「芝生くん」のその後が楽しみですね。

POINT!

ずらっと並べられた「芝生くん」たち。それぞれに違った表情で個性豊かですね。自分の「芝生くん」を愛しそうに撫でたり、鳥のピックを差し替えてみたり、園児たちは気になって仕方ない様子です。これから起こる「芝生くん」の変化にも、きっと注目してくれることでしょう。

授業風景 授業風景 授業風景


2010年の活動
  • やはた幼稚園花育レポート 「飾ろう」スタンディングブーケ作り
  • やはた幼稚園花育レポート 「育てよ
う」芝生くん
  • やはた幼稚園花育レポート 「育てよう」ヒヤシンスの球根
  • やはた幼稚園花育レポート 「身に付けよう」落ち葉のアクセサリー
  • やはた幼稚園花育レポート 「ありがとう」の花束

more…

お問い合わせはこちらまで

花や緑の事業に関するお問い合わせやご相談、ご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

特集一覧へ戻る