緑を増やす
Planting
日比谷花壇グループ
~緑とともに生きる~

屋上緑化の効果とは?

オーチャードプラザ川崎と若松総合事業所の屋上緑化

屋上緑化技術は既に、都市部においては一般的なものになりつつあります。そもそも屋根に土を盛って土屋根にしたり、ツタ類を建物にからませたりして、涼を取るのは古くからある自然共生の理念に基づく技術であると言えます。

2010年の夏のように酷暑が続くと、都市部のヒートアイランド問題は、間近に迫った環境問題への対応がいかに重要かに気づかされます。特に東京都が全国一位の高気温になると、やはり舗装やコンクリートによる蓄熱は大きな環境問題だと実感します。

それらの環境問題の解決の一つとされるのが、屋上緑化であることは疑いようにないでしょう。特に緑の植物とその基盤となる土壌には、温度や湿度などの緩和や調整機能があります。また屋上緑化には、建物に対する劣化緩和、日射による室内温度上昇に対する緩和などが期待され、省エネ、施設の老朽化防止にも役立っています。特に夏場には、建物内の冷房の省エネ効果が大きくクローズアップされてきます。他にも屋上緑化の環境に対する効果は次のようなものがあります。

屋上緑化の主な効果

屋上緑化の主な効果

●都市気象の緩和効果:
土壌水分の蒸発や植物の蒸散効果により、気温の上昇を防ぐ効果があります。
●都市の生物多様性保全:
都市部における鳥や昆虫、小動物の住み家や、休憩場所、生き物たちの通行路などの役割を果たします。
●省エネルギー効果:
建物の冷暖房の省エネルギーや、建物の老朽化防止に役立ちます。


屋上緑化の主な効果

●地球環境の保全効果:
植栽によるCO2吸収、大気汚染物質の吸着機能が働きます。
●都市の環境悪化防止:
騒音の防止、ゲリラ豪雨等による洪水の緩和、防風や防火に役立ちます。

日比谷アメニスの屋上緑化技術

海上公園俯瞰と実践学園の屋上緑化

少し前の緑化技術では、屋上という特殊環境に庭園や緑地を作ることは不可能でしたが、植物の生育に適していて、なおかつ軽量な土壌の開発や、防水技術、植物の根による建物への影響防止技術、排水設備技術など、いくつかの技術を組み合わせることで、今では一般的に行われてきています。しかし一般的なものになったことで、屋上緑化における正しい施工や管理を持たずに施工する事例もあり、屋上緑化の経験が豊富な企業を選ぶことが、施工後にトラブルにならないポイントと言えます。
日比谷アメニスは屋上緑化技術については古くから携わっており、技術や製品の開発を行ってきています。

日比谷アメニスの屋上緑化の取り組みや提案についてはこちらからご覧ください。

また日比谷アメニスのオリジナルの屋上緑化工法の中から「ラピュタ」をご紹介します。


ラピュタパレット
荷重を抑えた建築に優しい屋上緑化システム。改修工事など厳しい荷重条件の屋上でも緑化が可能です。

ラピュタシステム
あらゆる屋上緑化に対応できる、快適空間を演出するナチュラル感覚の軽量素材を使用した屋上緑化システム。ラピュタレーン、ラピュタブロック他があります。

ラピュタシリーズ
デザイン性に優れた超軽量で難燃性のウォールおよび縁石。簡単施工でオーダーメイドにも対応。

ラピュタソイル
軽量、リサイクル、優れた排水性と保水性、さらに、良質堆肥も配合された屋上緑化専用土壌。

カナートシステム
ベーシックな屋上緑化の施工方法として、特にアスファルト防水仕様に最適な屋上緑化システム。カナートシート、カナートマット、カナートフィルター他があります。

まとめ

都市部を中心に広まった屋上緑化は今では普通に見かける景色となりました。ビルの高層化が進む都心において、上空からの景観も10年前と比べて様変わりしたと思います。弊社は、長年培ってきた技術を基に、設計・施工、維持管理までのトータルサポートを行う企業として、様々な屋上緑化を行って参りました。今後は、これまでに挙げた屋上緑化の技術を活用し、ものや環境に対する効果だけではなく、環境教育の場など一般の方々が楽しめる場としての屋上緑化を行っていきます。
たとえば、屋上緑化のシステムをそのまま子供でも作れる小型キットにした「ミニ屋上庭園キット」。これは屋上緑化の見学会等と合わせ、イベントを実施することで、楽しく環境や緑化について学ぶ場を提供しています。また、マンションや学校の屋上緑地を活用した菜園作りによる、環境教育や地域コミュニティの形成のサポートを目指しています。イベント等の活動だけではなく、屋上に植栽する樹木や資材等に関しても、文化、歴史、風土等の地域性を活かしたものの提案を行っていきたいと考えています。
さらに日比谷花壇グループが推進する「花育」、環境評価でエコの見える化など、学校・地域と連携し「その後」のお手伝いをしています。

レポーター:株式会社日比谷アメニス 豊崎修平   日付:2010年08月31日

お問い合わせはこちらまで

花や緑の事業に関するお問い合わせやご相談、ご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

緑を増やす一覧へ戻る