PIC UP! 環境キーワードEnvironmental key word日比谷花壇グループ~緑とともに生きる~

ビオトープ

ビオトープビオトープは、ギリシャ語のbio(生命)とtopos(場所)を組み合わせた造成語。ドイツ人の生物学者ヘッケルが「生き物の住む空間」を「biotop」と呼んだのが始まり。その土地にもともと住む生物が生息し、生態系が機能している空間のこと。日本では、学校教育の一環として校庭などに整備されることも多く、子どもへの「環境教育の場」として、整備される例も多い。

また、近年では工場内にビオトープを整備し、地域住民に開放する例もある。ビオトープづくりは、自然生態系の回復や環境教育の場の提供という役割を担っている。

ビオトープの関連記事

特集 Smile Green for School 『学校が変われ』ば、『子供が変わり』『大人が変わり』『地域が変わり』『地球環境が変わり』ます。日比谷花壇グループが提言する環境教育支援『Smile Green for School』・・・
続きを読む

その他の「は行」の環境キーワード

お問い合わせはこちらまで

花や緑の事業に関するお問い合わせやご相談、ご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

環境キーワード一覧に戻る