PIC UP! 環境キーワードEnvironmental key word日比谷花壇グループ~緑とともに生きる~

里山

里山環境省では、奥山と都市の中間に位置し、集落とそれを取り巻く二次林(雑木林)、それらと混在する農地、ため池、草原等で構成される地域概念のことを「里地里山」としている。また、人為的に管理されている二次林や草地を里山、その周辺にある集落や田んぼ、ため池などの場所一帯を里地とする考え方もある。里山は、人の手によって管理され、様々な種類の樹木が存在し、周辺の田んぼなどの環境と合わせ高い生物多様性を擁していた。また住民は里山から燃料の薪や食糧を取り、人と自然が共生した環境であった。

しかし近年、化石燃料が普及し薪などの需要が下がったことや農山村の過疎化が進んだことから、里山の管理が行き届かなくなり、竹や雑草が繁茂したりなど管理水準が低下し生物多様性が低下している。そのため、国や自治体が里山の活性化のための施策などを展開し、またNPOや企業などが独自に管理作業を進めている事例もある。

里山の関連記事

特集 里山保全活動 みなさんは里山を覚えていますか。昔から私たちは里山を生活のために大いに利用してきました。間伐材を薪として利用したり・・・
続きを読む

その他の「さ行」の環境キーワード

お問い合わせはこちらまで

花や緑の事業に関するお問い合わせやご相談、ご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

環境キーワード一覧に戻る