PIC UP! 環境キーワードEnvironmental key word日比谷花壇グループ~緑とともに生きる~

京都議定書

正式名称は、「気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書」。気候変動枠組み条約に基づき、1997年に京都で行われた第3回気候変動枠組条約締約国会議(COP3)で議決された合意文書。温暖化の原因とされる温室効果ガスである二酸化炭素、メタンガス、亜酸化窒素、ハイドロフルオロカーボン類、パーフルオロカーボン類、六フッ化硫黄について、1990年を基準として先進国各国の削減目標を定めた。温室効果ガスの削減をより容易にするための規定としてクリーン開発メカニズム、排出権取引、共同実施の3つが置かれている。削減目標年は2008年から2012年まで。

各締約国では様々な取り組みが行われているが、大国であるアメリカ合衆国や、発展途上国ながら経済発展を遂げ排出量が増している中国やインドに削減義務がないこと等、その条約の効果などについて疑問視する声もあり、今後の対応が議論されている。

その他の「か行」の環境キーワード

お問い合わせはこちらまで

花や緑の事業に関するお問い合わせやご相談、ご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

環境キーワード一覧に戻る