Pick up! 特集
Special
日比谷花壇グループ
~緑とともに生きる~

武蔵野東第一・第二幼稚園花育レポート「飾ろう」スタンディングブーケ

花育 HIBIYA-KADAN

武蔵野東第一・第二幼稚園 花育レポート 「飾ろう」スタンディングブーケ

このカリキュラムは、花にじっくりと触ることで花の咲き姿の美しさを感じるともに、切った後も花は水を吸って、私たち人間と同じように生きていることを実 感してもらうものです。また、花を花びんに活け、身の回りに飾ることで、喜びを感じたり、生活が豊かになることを学びます。

実施内容

テーマ 「飾ろう」スタンディングブーケ
主な内容 花が水を吸う仕組みやその必要性を学んだ後、実際に切り花を触って活けてみる体験レッスン。今回は、3歳の年少さんから5歳の年長さんまで、当日 の預かり保育の園児が挑戦します。
対象 預かり保育の園児 161名(年少 56名 年中 50名 年長 55名)
時間 45分×3組
実施日 2009年12月16日(水)
スタンディングブーケ ガーベラ・ケイトウ・アイビー・ミント

紙芝居「お花はどうやって生きている?」

花のいのちの仕組みを学ぶ導入部分は、スクリーンを使って紙芝居形式で説明。簡単なクイズを交えながら花の扱い方や楽しみ方をみんなで考え、今日つ くるものの目標を共有します。

POINT!

いつもより大きな教室に集まったたくさんの園児。スクリーンに注目しながら、少しだけ花のことを知ると、今からさわる花やスタンディングブーケへの興味も 強まります。

授業風景

お花屋さんから、お花をうけとろう

この日の花材は、ガーベラ、ケイトウ、アイビー、ミントの4種類。年少さんには、花材を予め短く切っておくなどの一工夫も加えて、1本ずつ花を渡し ます。

POINT!

「とても壊れやすいので、そっと持ちましょうね」の講師の呼びかけに、一人ずつ花を受け取り、自分の席まで大切に運びます。

授業風景授業風景

この花はどんな花?さわって確認

目の前に花を一度おいたら、1本1本、今日使う花を確認します。「大きなお花はどれ?」「香りがある葉っぱはどれ?」と、講師の誘導で花や葉の色・ 形・香りを確かめながら、花とじっくり向き合います。

POINT!

黄色いガーベラを見て、「タンポポ」「ヒマワリ」と、見たことのある花を連想する園児たち。花や葉を触ると、「やわらかい!」「においがする!」と、それ ぞれの感性で特徴を感じ取ります。

授業風景授業風景

花びんにアレンジ

プラスチックの花びんにお水を入れたら、花ハサミを使ってお花を切ります。年少さんも先生と一緒にハサミを持って1本だけ自分で花を切ってみます。 器の高さに併せて好きな長さに切ったら、器に自由にさして、出来上がりです。

POINT!

講師から花の切り方を教わると、ハサミの使い方を気にしながら、花のカットにも気合が入ります。器に活けたら、出来上がりの表情も様々です。

授業風景授業風景


最後に、大切なお約束

最後に、家に帰ったら自分の好きな場所に飾ること、水をあげて枯れるまでお世話をすること、の二つを約束したら、今日のレッスンは終わりです。「気 をつけて持って帰りましょうね」と伝えて、花のカードと紙袋を渡します。

POINT!

自分の作品を元気良く見せてくれる園児たち。紙袋に入れたら、お別れの挨拶をして、楽しみに持ち帰ります。

授業風景授業風景

武蔵野東第一・第二幼稚園 花育レポート 「ありがとう」の花束
お問い合わせはこちらまで

花や緑の事業に関するお問い合わせやご相談、ご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

特集一覧へ戻る