Pick up! 特集
Special
日比谷花壇グループ
~緑とともに生きる~

やはた幼稚園花育レポート「卒園おめでとう」コサージュ作り

花育 HIBIYA-KADAN

やはた幼稚園 花育レポート 「卒園おめでとう」コサージュ作り

1年間の最後のカリキュラムとして、ドライフラワーを使用した、コサージュを作ります。3月に迎える卒園式で園児自身が身につけることを目標とします。お 祝いの席で身につけるお花は、「おめでとう」の気持ちが込もった、自分自身へのプレゼントになります。

実施内容

テーマ 「卒園おめでとう」コサージュ作り
主な内容 生花を乾燥させて作ったバラのドライフラワーを束ね、リボンを結んでコサージュにします。
対象 年長組(35名)×3組
時間 50分×3組
実施日 2010年2月25日(木)
卒園おめでとうコサージュ作り

今日は特別な先生がきてくれました!

今日のカリキュラムでは、晴れ舞台で身に付けるコサージュを、当社のフラワーデザイナーがみんなと一緒にデザインします。まずは講師から、使用する ドライフラワーがどのように作られたか、生花との違い等を説明します。

POINT!

ドライフラワーは、生花の状態より輪が小さく、色も濃くなりますが、水が必要なくなり、日もちがします。実際に手に取り、園児たちはその違いを確かめま す。

授業風景授業風景授業風景

お花を束ねて小さな「花束」に

講師から、「コサージュ」は、「胸の花束」という意味で、お祝いの席や華やかな場面で身につけるものだということを説明。選んできた材料も並べた ら、3本のドライフラワーを束ね、1番格好いいところを探して正面にします。正面が引き立つように、後ろにはグリーンを、手前にはリボンをあしらって、だ んだんとそれらしい形になります。

POINT!

「お花の正面ってどこだろう?」の問いかけに、園児は自分の手の中にある小さなコサージュを見つめます。お花はひとつひとつ形が異なり、束ね方によって格 好良く見せられることに気が付きます。

授業風景授業風景

バッチにつけたらコサージュの完成!

やや難かしいリボンの結び方も、講師の説明をよく聞き、丁寧にこなします。講師が手助けをしながら、全員完成!同じ素材を使いましたが、完成した作 品はそれぞれ色やデザインが違っていて個性が光ります。

POINT!

卒園を迎えるにあたり、胸をはって身に付ける自分のコサージュに、園児たちも気持ちが引き締まります。

授業風景授業風景

一年間ありがとう、よくがんばったね!

今日は、最後のレッスン。講師より、1年間の花育レッスンを受けたことを証明する「花育スマイルキッズ 認定証」を全員の園児に贈呈します。カリ キュラムの内容や写真を記載し、経験したものにはシールを貼れる仕組みに、園児も興味津々。一緒にやってきたレッスンをみんな覚えていてくれました。

POINT!

カリキュラムを振り返ると同時に、ご家族の方と思い出を話してもらえるような内容になっています。これからも花とみどりに触れ合う機会を作れるよう、仕掛 けも込められた認定証です。

授業風景授業風景


2009年の活動
  • やはた幼稚園花育レポート 「ありがとう」の花束
  • やはた幼稚園花育レポート 「育てよう」グリーンカーテン
  • やはた幼稚園花育レポート 「育てよう」みんなの芝生
  • やはた幼稚園花育レポート 「飾ろう」スタンディングブーケ作り
  • やはた幼稚園花育レポート 「育てよう」ヒヤシンスの球根
  • やはた幼稚園花育レポート 「身につけよう」落ち葉のアクセサリー
  • やはた幼稚園花育レポート 「卒園おめでとう」コサージュ作り

more…

お問い合わせはこちらまで

花や緑の事業に関するお問い合わせやご相談、ご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

特集一覧へ戻る