Pick up! 特集
Special
日比谷花壇グループ
~緑とともに生きる~

やはた幼稚園花育レポート「ありがとう」の花束

花育 HIBIYA-KADAN

やはた幼稚園 花育レポート 「ありがとう」の花束

今回のカリキュラムでは、「花」に感謝の気持ちを込めて伝えることを学んでもらいます。気持ちを伝える表現方法として「花束」を導入し、園児の発想を活かして制作することで、花の特性や扱い方を感じてもらいます。

実施内容

テーマ 「ありがとう~感謝を伝える花束づくり~」
主な内容 紙芝居を使った「花とみどり」の導入
花束をつくって「ありがとう」の気持ちを表現
対象 年長組(35名)×3組
時間 50分×3組
実施日 2009年5月21日
ありがとうの花束

紙芝居「お花をつかって、ありがとうをつたえよう」

カリキュラムの導入では、これから使う「花」がどんな環境にあるか、どのように使われるかなど、「花」とその時々の感情について、紙芝居を通じて思い出してもらいます。

POINT!

「花」にありがとうの気持ちを込めるという目的を確かめることで、以降のカリキュラムに集中させる効果があります。

授業風景

花束づくりの準備

それぞれラッピングペーパーとモールを選んだら、ラッピングペーパーを花形に切りぬきます。園児が使う花材はカーネーション3本、センニチコウ3本、ドラセナ3枚。花鋏を使うことで花の扱いの基礎も学びます。

POINT!

「お母さんは青が好きだから」。ラッピングペーパーやモールを選ぶプロセスも、自然と人を思いやる体験になっています。

授業風景授業風景

花材を組んで花束を完成

切り分けた花材を丸く束ね、保水処理をした後にラッピングペーパーでくるみます。園児の手の大きさにあった、ちいさな花束が完成しました。

POINT!

花を切るのも束ねるのも、できるだけ自分で挑戦。ちょっと難しくても、達成感が生まれます。

授業風景授業風景

花束は家族とのコミュニケーションの入り口

花束作りの後には、花束に添えて「ありがとう」をつたえるメッセージカードを作ります。

POINT!

花束だけでなく、メッセージカードや園児の首にかけたメダルにも、家に帰ってからのコミュニケーションを演出する秘密が隠されています。

授業風景授業風景

花束は家族とのコミュニケーションの入り口

  • 「いつもありがとう」と言って、笑顔で、渡してくれました。
  • お花の名前や作り方の話題で、家族の中に「花」をきっかけにしたコミュニケーションが生まれました。
  • 花瓶にうつしかえたお花を見て、「いいにおいだね。ずっとかれないと良いね!」と話していました。

年長組には、少々難しい作業のようでしたが「ママのことを考えながら作った」「渡したら喜んでくれると思った」と、感謝を込めたきれいな花束を自分で作れたことの満足感とともに、それをプレゼントすることに喜びを見出していたようです。


2009年の活動
  • やはた幼稚園花育レポート 「ありがとう」の花束
  • やはた幼稚園花育レポート 「育てよう」グリーンカーテン
  • やはた幼稚園花育レポート 「育てよう」みんなの芝生
  • やはた幼稚園花育レポート 「飾ろう」スタンディングブーケ作り
  • やはた幼稚園花育レポート 「育てよう」ヒヤシンスの球根
  • やはた幼稚園花育レポート 「身につけよう」落ち葉のアクセサリー
  • やはた幼稚園花育レポート 「卒園おめでとう」コサージュ作り

more…

お問い合わせはこちらまで

花や緑の事業に関するお問い合わせやご相談、ご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

特集一覧へ戻る