Pick up! 特集
Special
日比谷花壇グループ
~緑とともに生きる~

ソーシャルビジネスプロジェクト

ソーシャルビジネスプロジェクト 環境系コンテンツやエコなコンテンツで現代社会の課題の解決を目指して…

ソーシャルビジネスプロジェクトとは

ソーシャルビジネスとは経済産業省の定義にもあるように、社会の課題をビジネスの形で継続的に進めていくモデルです。
わたしたち日比谷花壇・日比谷アメニスグループであつかうソーシャルビジネスは、この社会の課題を環境系コンテンツ・エコなコンテンツで解決するモデルと定義付けています。
ソーシャルビジネスプロジェクトではこれらソーシャルビジネスについて持続性のあるビジネスモデルを構築するべく多面的な角度で検討しています。

ソーシャルプロジェクト第一弾 長野大学×AMENIS 森林からつながるECOコラボレーション

日比谷アメニスでは森林活用ビジネスとして「長野大学」とアーティスト「AUN」とのコラボレーションを、イベントと植樹を連動させるプロジェクトである「ハートツリープロジェクト」とコーディネートしました。

今回の試みは森林管理者への財政負担を軽減すると共に、現代社会に適合した森林価値を創出する全く新しいモデルです。
また環境の専門家として森林保全・利活用を目指す大学と、森林・地域など社会貢献活動に力
を注いでいるアーティストや企業、またこのコーディネートや運営管理を行う民間企業のノウハウという複数のコラボレーションを実現しました。

AUN長野大学恵みの森再生プロジェクトは、森林にまつわる伝統的資源利用や文化を現代に生かして新しい森の価値を創出することを目指す「長野大学」と、社会貢献活動に力を注いでいるアーティスト「AUN」とのコラボレーションで、大学とアーティスト、企業が共同して森林環境を保全し、森林の新たな価値を創出する、新しい「産・学・アート・コラボレーション」の試みとなりました。

里山保全による大学ブランディング確立をめざす 長野大学とのビジネスコラボレーション

インタビュー

今回のAUN長野大学恵みの森再生プロジェクトでの長野大学 × 日比谷アメニスのコラボレーションを振り返りながら長野大学 環境ツーリズム学部 佐藤教授にインタビューを行ないました。

INTERVIEW 長野大学 環境ツーリズム学部教授 佐藤 哲
お問い合わせはこちらまで

花や緑の事業に関するお問い合わせやご相談、ご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

特集一覧へ戻る