緑を活かす
Greening
日比谷花壇グループ
~緑とともに生きる~

エコスクール

「エコスクール」って聞きなれない言葉ですか?でもこれからきっと誰もが使う言葉になると思っています。文部科学省や環境省などが進める「環境に配慮した学校施設」ってことなんですけど、地球規模の様々な環境問題の対策のひとつとして期待されています。全国どこにでもある学校をエコ化したら、その効果が絶大なのはなんとなく想像できますよね。

エコスクール

簡単に言うと学校整備における施設面・運営面・教育面のすべてでエコ化していくことです。施設面ではやさしく造ること。運営面では賢く永く使うこと。教育面では環境教育に資すること。私たちは花とみどりを扱う環境創造企業グループとして、主に緑化を中心とした提案活動を行っています。

エコスクール

校庭の芝生化、屋上・壁面の緑化、ビオトープの整備などの自然共生型のハードウェアのみならず、自然エネルギーを活用した環境負荷を低減するみどりの管理や省エネ型の施設運営。そして作った学校施設を優良な環境教育の場として活用する「花育」「芝育」活動といったソフトウェア。

さらに環境評価で学校のエコ度を視認的に表すこと。さらに地域の環境拠点づくりのお手伝い…芝生・緑地の維持管理や環境イベントなどを通じたエコスクールネットワークづくりで学校やPTAといった個の単位から、地域の財産として地域ボランティアや学校同士の連携・民間企業の社会貢献活動の場の提供などを提案します。

なにより大切なことは、未来の地球を担う子どもたちが、環境問題を身近に感じられるような体験をすることです。さらに教職員やPTA・地域の人たちが環境問題を一緒に考えられる地域コミュニーティ作りをお手伝いいたします。

エコスクール 花と緑の環境教育

エコスクール 花と緑の環境教育

日比谷花壇グループの花育プログラムでは、学校・家庭・地域社会のなかで花とみどりと触れ合うことで、「情操教育」 「社会教育」 の両面から学ぶ機会を提供します。そして「命」を学ぶだけでなく、「社会のシステム」を学ぶことで、生きていくための「現実力」と「創造力」のある人材育成に貢献するプログラムです。

まとめ

芝犬エコロ

昨年、当社で施工した都内の小学校の事例をご紹介します。夏休みを利用して行われた工事の末、綺麗な絨毯のような校庭が完成。ここからが本当の「芝生化」スタート。私たちが大切にしたいのは、芝生化「その後」です。地域の芝生管理団体の皆さんへの維持管理講習会、教職員向けの環境教育支援講座、子どもたち向けの安全な維持管理体験、芝生ならではの新しいスポーツ体験・イベント体験などを開催し、造った芝生を最大限活用しながら、地域・生徒・教職員が一体となって芝生を守る・・・。さらに日比谷花壇グループが推進する「花育」、環境評価でエコの見える化など、学校・地域と連携し「その後」のお手伝いをしています。

レポーター:太陽スポーツ施設株式会社 芝犬エコロ

お問い合わせはこちらまで

花や緑の事業に関するお問い合わせやご相談、ご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

緑を活かす一覧へ戻る